電子カルテとは

電子カルテの導入、電子カルテのメリット

電子カルテとは

病院で医師が記録する診療記録(カルテ)を電子化し、保存・管理するシステムのことです。
電子カルテは、「真正性」「見読性」「保存性」の電子保存の3原則を満たさなければいけません。

真正性

  • 正当な人が記録し確認された情報に関し第三者から見て作成の責任の所在が明確であること
  • 故意または過失による、虚偽入力、書き換え、消去、及び混同が防止されていること

見読性

  • 電子媒体に保存された内容を、権限保有者からの要求に基づき必要に応じて肉眼で見読可能な状態にできること

保存性

  • 記録された情報が法令等で定められた期間に渡って真正性を保ち、見読可能にできる状態で保存されること

導入のメリット

電子カルテを導入することにより、様々な利点があります。

  • 紙のカルテの場合に必要だった物理的な管理が不要となる
  • 外部媒体(DVD-R、USBなど)に保存することで長期間かつ大容量での保存も容易で収納スペースが抑えられる
  • 文字の判読不能といった問題がなくなる
  • 院内システム内に電子カルテを組み込むことで、任意の場所でカルテを参照できる
  • 紹介状、診断書作成時や学会発表時などに、データの柔軟な再利用ができる

電子カルテの普及率

電子カルテは1999年に国内で初めて認められました。
国を上げて医療システム化を推進しているため、電子カルテの普及率は年々増加しています。大きな病院ほど普及率が高いですが、今後は中小規模の病院にも拡大していくことが予想されます。

電子カルテ導入をご検討中のお客様へ

弊社では、国内大手の臨床検査会社である株式会社ビー・エム・エル社製 電子カルテQualis(クオリス)を販売しております。

電子カルテ導入サポートも承っておりますので、お気軽にご相談ください。

医療システムとは

医療情報規格とは

お問い合わせ ページトップ