HISとは

オーダリングシステムとは

病院情報システム(HIS)とは

病院情報システム(Hospital Information System)とは、病院全体の診療・会計業務の効率化を目指すシステムの総称でHISと呼ばれています。オーダリングシステムや医事会計システム、電子カルテなどもHISに含まれます。
HISは、業務の効率化・院内・院外での情報共有の活性化・知的診療支援などを目的としており、導入規模は異なりますが様々な病院で導入されています。

オーダリングシステムとは

オーダリングシステムとは、医師や看護師が行う検査や処方などの指示(オーダー)を電子的に管理する医療情報システムのことです。オーダリングシステムを導入することにより、診療にかかわる一連の業務を迅速化することができます。
以下がオーダリングシステムのメリットととして挙げられます。

  • 手書きのときにかかっていた作成時間や伝搬時間を短縮でき、患者の待ち時間を短縮できる
  • 患者情報を共有できる
  • 検査結果の搬送が不要になる
  • 口頭での指示ミスなどが軽減できる

政府の「e-Japan戦略II」の重点分野の一つである「医療」分野で、電子カルテを含めた保健医療分野の情報化が謳われており、これらを実現する第一段階として「2003年までに全病院の2割以上にオーダリングシステムの導入を目指す」ことが目標として掲げられ導入が進められてきました。厚労省による2005年11月の調査では、オーダリングシステムは400床以上の病院の7割以上に導入されていることが確認されています。

リベルワークスでは、病院情報システムに関連するお客様が抱える問題に対して、適切なソリューションをご提案させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。

医療システムとは

医療情報規格とは

お問い合わせ ページトップ