HACCP
HACCP ハセップとは。
HACCP資格を取得する。

HACCP ハセップとは。HACCP資格を取得する。

[Hazard Analysis Critical Control Point]
食品原材料の生産・製造・加工・保存・調理・流通の段階から、消費者が食するまでの全段階に適応されます。
食品に危害物質が混入しているか、また、汚染を予防するために予想される危害要素を究明。
最終製品に決定的な危害を与える可能性のある、工程内の危害要素を重点的に管理する衛生管理システムです。

米国やEU(欧州連合)へ輸出する水産食品や輸出肉に関しては、HACCPが義務づけられており、適用範囲は今後も拡大すると考えられます。

HACCP導入のメリット

対外的 社内
消費者の食品に対する信頼性の確保
利害関係者の監査の減少
マーケット占有率を上げる
食品安全に対する意識の向上
品質・安全費用の減少
事業改善の機会提供

適用手順

HACCPは国際食品規格委員会(CODEX)で定められた12手順・7原則によって行われます。

  1. HACCPチームを編成する
  2. 食品の説明・記述(安定性、賞味期限、包装、流通形態)
  3. 製品の使用方法を確認する
  4. 製造工程一覧図(フローチャート)の作成
  5. 製造工程一覧図の現場での検証
  6. 危害要因を分析する[原則1]
  7. 必須管理点(CCP)を設定する[原則2]
  8. 許容限界(クリティカルリミット:CL)を確立する[原則3]
  9. CCPの測定(モニタリング)方法を確立する[原則4]
  10. 許容限界から逸脱があった場合の是正措置を確立する[原則5]
  11. 検証方法の手段を確立する[原則6]
  12. 記録をつけ、文書化を行い、それを保管するシステムを確立する[原則7]

ISO認証までのステップ

ISOマネジメントシステム規格

ISO 9001
品質マネジメントシステム
ISO 14001
環境マネジメントシステム
ISO 13485
医療機器 品質マネジメントシステム
ISO 22000
食品安全マネジメントシステム
OHSAS 18001
労働安全衛生マネジメントシステム
HACCP ハサップ
Hazard Analysis and Critical Control Point
?
海外および日本国内で製品の製造・輸出入・販売を行う場合、国または地域ごとに定められた【認証】【規格】【申請】が必要となってきます。
リベルワークス審査認証事業部では、お客様の技術文書の作成、試験依頼、申請、認証取得等をまとめてお手伝いいたします。
グローバルな見地、そして信頼できる各国機関とともに、海外進出を目指すお客様の各種認証や規格の取得を支援します。

薬事法に関連した医療機器類の輸出入の作業を支援、およびKCs認証、KFDA、CEマーキング、ISO等、規格認証の認証支援を行います。
お客様の「技術文書の作成、試験依頼、申請、認証取得」 をお手伝いするトータルソリューション・ワントップサービスを提供しています。

株式会社リベルワークス
〒112-0014 東京都文京区関口1丁目47番12号 江戸川橋ビル2階
TEL/03-5225-6120 FAX/03-5225-6971