PACS、HISの開発ですか?

DICOM HL7の開発ライブラリが必要ですか?

リベルワークスは1000件以上の医療ソフト受託実績があります

DICOMツール・HL7ツール・検診データツール

データ移行ツール

DICOM QR機能を使い、旧画像サーバーの画像を新サーバーに移行するためのツールです。
病院業務に支障が起きぬよう、移行するスケジュールを曜日ごとに何時から何時までと設定することも可能です。
また移行するデータはモダリティや検査日等でフィルタリングし、その情報を複数のシナリオとして予め設定しておくことで、長期間に渡る移行作業の無人化も可能となっています。

バリデーションツール

通信されたHL7データやDICOMデータが規約に則っているかどうかを判定するツールです。
スクリプトを用意することで、トランザクション毎にチェックするタグやロジックを指定できる設計になっています。

健診データ取込みツール

健診データから出力されるデータ(CSV形式)と、検診バスから持ち込まれたデータ(DVD等)を照合してPACSに送付するシステムです。
類似システムとして、検診バスから持ち込まれたデータを自動でPACSに送付するツールについても開発実績があります。

HL7エクスプローラ

HL7形式のデータをグラフィカルに表示するツールです。

動画再生/動画保存システム

ビデオ信号データを画面に表示して静止画をキャプチャする機能を提供する。
別途オプションとしては、動画ファイルとして保存する機能も提供する。
関連する要素技術は以下となります。

  • DirectShowを用いたビデオ信号データの解析/表示
  • OpenCVによるMPEG4データ作成
  • OpenCLによる、エンコード
  • Intel INDEによるMPEG2出力

医療ソフトウェア受託実績

お問い合わせ ページトップ