会社情報・アクセス お問い合わせ
ニュース・プレスリリース
中途・新卒採用情報

ロシアへの輸出ですか?

EAC GOST-R認証が必要ですか?

EACとは/GOST-Rとは

EACマークはユーラシア経済委員会:Eurasian Economic Commission(以前のロシア、カザフスタン、ベラルーシ3国関税同盟 CU:Customs Union)の技術規則:TR(Technical Regulation)に適合性した製品の安全認証マークです。
2013年2月15日から、GOST-R認証制度が廃止され、ロシア、カザフスタン、ベラルーシの3国関税同盟(CU)における ユーラシア適合マーク(EAC:Eurasia Conformity)認証制度がスタートしました。
旧GOST-R取得製品は、2015年3月15日までロシア国内に限り販売可能です。GOST-R承認の有効期限終了後、または2015年3月15日以降はEACマーク認証への移行が必要です。

EACを取得するには/EACマークの申請

製品品目により、CoC(Certificate of Confomity 適合証明書)または、DoC(Declatation of Confomity 適合宣言書)が発行されます。CoCの場合は工場検査が必要です。 またCBレポート・EMCテストレポートを活用してEACマーク取得が可能な場合があります。
該当製品がEAC認証の強制認証の対象か、あるいはGOST-R認証の強制認証対象かは専門性と判断が必要です。製品とHSコード、製品仕様、使用される状況を当社へお知らせください。
EAC適合証明書、EAC適合申告書、試験報告書(テストプロコトル)または技術文書 (テクニカルドキュメント Technical Passport,Safety Justification)に関しましても作成サポート致します。

GOST-Rを取得するには/GOST-Rの申請

2015年3月15日からGOST-R規格はEAC認証へ移行する予定でしたが、2018年6月現在GOST-Rとして機能しています。
GOST-R規格(GOsudarstvennyy STandart 国家標準規格)は英語圏と日本ではGOST規格と呼ばれます。 元々は旧ソ連の標準規格ですが、ロシアと旧ソビエト加盟国の間で使用されており、現在では独立国家共同体の加盟国での標準規格として機能しています。独立国家共同体の加盟国へ製品を輸出する場合にはGOSTの認証を取得する必要があります。

GOST-R規格は定義されている分野が非常に広く、民生品から兵器技術(アメリカのMIL規格相当に該当)まで含まれます。またGOST-R規格を使用している独立国家共同体の加盟国間でも差異がみられます。
該当製品がEAC認証の強制認証の対象か、あるいはGOST-R認証の強制認証対象かは専門性と判断が必要です。製品とHSコード、製品仕様、使用される状況を当社へお知らせください。
EAC適合証明書、EAC適合申告書、試験報告書(テストプロコトル)または技術文書 (テクニカルドキュメント Technical Passport,Safety Justification)に関しましても作成サポート致します。

EAC認証(宣言書/合格書)取得フロー

EAC認証調査書の作成

EAC認証調査書には対象の製品名、型式、数量、HSコード(税関コード)が必要です。

 

技術ドキュメント・テストレポートの作成

認証機関がEAC認証調査書に基づき製品種類、認証モードと実施要求を判断します。 認証に必要なロシア語訳の製品資料、技術ドキュメント、テストレポート、納品契約書を認証機関に提出します。

 

製品検査・工場検査

対象製品がEAC Certificateの場合、認証機関による生産工場にて製品の品質管理の審査を行います。 認証機関のアドバイスに従い品質管理の改善と製品資料の修正が必要になる場合があります。 技術規則:TR(Technical Regulation)に適合する場合、認証機関は認証合格書のドラフトを作成します。

 

EAC認証発行

EAC認証(宣言/合格)書が発行されます。 EAC認証マークを製品に張付後、製品輸出が可能になります。EAC認証された製品はロシア税関のWEBシステムに掲載されます。

お問い合わせ ページトップ