機能安全認証

IEC61508 電気・電子・プログラマブル電子の機能安全認証

IEC 61508はIEC(国際電気標準会議)が制定した基本安全規格(basic safety publication)であり、プロセス産業における電気・電子・プログラマブル電子(Electrical・Electronic・Programmable Electronic)(以下、E/E/PE)機能安全に関する国際規格です。E/E/PEの機能または故障・障害によって人命、環境、財産に大きな影響を与えるものが対象となり、機械だけで構成する装置はIEC 61508の対象外です。

2000年にIEC61508の第1.0版が制定されました。また2010年にIEC61508の第2.0版が制定されました。
国内ではJIS C 0508「電気・電子・プログラマブル電子安全関連系の機能安全」として、IEC61508のFDIS、CDV段階のものを1999年に制定しており、2012年にJIS C 0508の第2.0版が制定されました。

リベルワークスは、電気・電子・プログラマブル電子機器メーカー様、電子機器サプライヤー様向けの、IEC61508に準拠した評価・認証サービス、IEC61508対応ソフトウェア開発、IEC61508ソフトウェア試験を行っています。

ISO26262 自動車機能安全 - ISO26262 認証取得支援

ISO26262は車載電子システムの機能安全規格です。車両に搭載する電気・電子機器とコンピュータ(ソフトウェアを含む)がISO26262の対象になります。 ISO26262の対象は重量3.5t以下の乗用車両です。2輪車や貨物車両、特殊車両は含まれません。

ISO26262 機能安全規格の目的は「安全」の確保です。安全の実現のためISO26262の直接的な対象となる電子システムとシステムを構成する他要素を含めた安全性の確保が必要になります。 ISO26262の適用箇所を明確化し、システム全体における車載電子システムの体系的な安全性の確保が必要です。

リベルワークスは、自動車メーカー様、車載機器メーカー様、車載機器サプライヤー様向けのISO26262/IEC26262に準拠した評価、認証サービス、ISO26262のソフトウェア開発、ISO26262のソフトウェア試験を行っています。

EAC GOST-R ロシア輸出に必要となる安全認証マーク

EACマークはユーラシア経済委員会:Eurasian Economic Commission(以前のロシア、カザフスタン、ベラルーシ3国関税同盟 CU:Customs Union)の技術規則:TR(Technical Regulation)に適合性した製品の安全認証マークです。
2013年2月15日から、GOST-R認証制度が廃止され、ロシア、カザフスタン、ベラルーシの3国関税同盟(CU)における ユーラシア適合マーク(EAC:Eurasia Conformity)認証制度がスタートしました。
旧GOST-R取得製品は、2015年3月15日までロシア国内に限り販売可能です。GOST-R承認の有効期限終了後、または2015年3月15日以降はEACマーク認証への移行が必要です。

リベルワークスは、医療機器メーカー様、その他メーカー様、サプライヤー様向けの、EAC GOST-R安全認証マーク取得対応、 EAC GOST-R対応に必要な製品試験、製品評価、ロシア輸出に必要となる手続きを行っています。