カルチャー・人材育成・福利厚生

「人を大切に」という人材マネジメント方針のもと、
いきいきと働くことができる風土づくりに取り組んでいます。

リベルワークスの企業文化とは?

開発部の金村です。入社3年目の私が考えるリベルワークスの企業文化は、フラットでボトムアップでチームであることです。 新規事業やサービス、新しい福利厚生など何についても、積極的に提案したり、変化を起こす人が求められていると感じます。

自由な文化の象徴として、年に2度開催されるリベルサミットがあります。 社長でも新入社員でもフラットに意見を交わす全社会議であり、毎回ここから新しいビジネスが生まれています。

IT企業だしブラック?

経理の佐々木です。 結論から申しますと少なくともブラックではありません。平均残業は月10時間以内。ワークライフバランスを重視し従業員に過度な負荷がないよう配慮されています。

興味はあるけれど、IT業界はブラック企業が多いと聞いて躊躇していませんか? どの業界にも良好とは言えない職場があるのは事実ですが、まずはリベルワークスの門戸を開いてください。

一緒に部活しませんか?

グローバル審査認証グループの木下です。EU諸国向けCEマーキング認証業務の担当です。

リベルワークスには部活が数多くあります。私が部長をしているボディメイキング部は、自らの身体を鍛えぬいて肉体美を造りあげる部活です。 私と一緒に、ひとつの芸術作品とも言える肉体になりましょう。

オフィスのコーヒーはおいしい?

正直、現在のオフィスのコーヒーはポーションです。 コロナ対策のため社員のテレワークを推奨、衛生状況などを考慮した結果、ドリップコーヒーについて一時撤去してしまいました。

でもコロナが終わればきっとまた。無料ドリンク、お菓子コーナーもありますので、リベルワークスオフィスに是非来てください。

リベルワークスは新しいメンバーを募集しています。企業文化について、気になることがあれば是非お問い合わせください。

人材育成

当社では、人材育成を「人と組織の能力、才能、性能、可能性を高めること」と定義しています。

一般的には能力や才能、組織の総合力とは、 将来に渡っての可能性、発展性、成長性につながります。
リベルワークスの人材育成の定義とは「個人の成長とともに、組織としての可能性を広げること」と言えるかと思います。

リベルワークスの教育文化とは?

2016年の入社で、フロントエンド開発を行っている遠藤です。教育WGも担当しています。

それが今何になるのか?などという社会一般でよく耳にするコメントには、我々は一切興味がありません。それぞれの5年後、10年後の将来を見据えて、自己の成長に取り組んでくれたいいなと思っています。

福利厚生

福利厚生は、会社が全社員に対して、賃金の他に社員のために提供するサービスのことです。

リベルワークスの福利厚生は、従業員と家族の暮らしを安定させ、より良い生活のサポートを目的としています。
福利厚生制度の充実が、会社に対して安心感、環境に関わらず仕事ができる環境の整備につながるよう目指しています。

リベルワークスの福利厚生

一昨年前に出産したのですが、上乗せの付加給付金がありがたかったですね。入院代がほとんどかかりませんでした。

また保険組合が提携している約8,000件の保養施設・宿泊施設を格安で利用することができたり、 スポーツジムが格安料金で利用できるのも良いです。家族のためにも健康には気を付けたいです。

WORKPLACE
職場環境

株式会社リベルワークス 会社概要

会社名
株式会社リベルワークス
Company name
LIBERWORKS CO., Ltd.
所在地
〒112-0014
東京都文京区関口一丁目47番12号 江戸川橋ビル
TEL:03-5225-6970(代表)FAX:03-5225-6971
(東京メトロ有楽町線江戸川橋駅 1b出口より直結)
address
1-14-72, EDOGAWABASHI BLDG, SEKIGUCHI, BUNKYOU-KU,
TOKYO 112-0014,
JAPAN
TEL:+81-3-5225-6970 FAX:+81-3-5225-6971
設立
2006年8月
資本金
10,000,000円
代表取締役
李 亨植 (Lee HyongShik)
社員数
60名
事業内容
  • 医療機器開発支援、医療関連ソフトウェア開発支援業務

    • 医療機器と医療関連ソフトウェアの新規開発支援業務。マイグレーションやリファクタリングの支援業務。開発環境の構築、各種ツール利用支援業務。
    • 医療機器認証取得向けサイバーセキュリティ支援サービス。ソフトウェアテストと品質コンサルティングサービス。
    • 最新デジタル技術を活用した医療システム開発、ヘルスケアソリューション構築、医療関連業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)支援サービス。
  • 医療機器ソフトウェアライフサイクルプロセス(SLCP)支援ソリューション業務

    • 医療機器ソフトウェアのIEC62304対応支援業務。ライフサイクルプロセスの効率化と自動化ソリューションの提供。
  • 国内薬機法対応支援サービス、海外医療機器規格認証支援業務

    • QMS、GQP及びGVP関連の作業手順書、試験記録の作成支援業務。
    • 医療機器と医療機器ソフトウェアに関するMDD、MDR、FDA、NMPA申請支援サービス。
  • 国内認証取得、海外認証取得ソリューション業務

    • 国内認証、海外認証の申請支援サービス。IEC CB証明等の国際制度に基づく試験、各国の認証機関、試験所に基づく試験支援サービス。
取引銀行
三菱東京UFJ銀行 西池袋支店
みずほ銀行 江戸川橋支店
加盟団体
WEBサイト
http://www.liberworks.co.jp/

事業内容詳細

医療機器開発 医療ソフトウェア開発事業

リベルワークスの強みは、医療分野に特化した高度な技術力です。特に画像処理と通信規格の相互接続性の分野において、国内トップレベルの技術力を誇っていると自負しています。 リベルワークスの医療機器ソフトウェア開発は、大規模開発、中間工程、あらゆる業務を承ります。実績豊富な開発ライブラリを有しており、開発工数の削減が可能です。

医療機器製造事業

リベルワークスは、医療IT機器製造を行っております。大手医療機器メーカー、歯科機器メーカーから直接受託し、医療用画像管理システムや病院情報システムを生産しています。 開発実績は年間平均2000台以上。生産工程においてISO9001取得。徹底した品質管理で不良率0.001%以下を実現。お客様がシステムの電源ONで直ぐに使える、スピーディーな業務開始を実現。 サーバー、クライアント構築、周辺機器のキッティング、マニュアル作成、メディア作成、ラベリング、パッケージまで全てお任せ下さい。

審査認証事業 医療認証コンサルタント事業

リベルワークスは、医療認証のコンサルタントを行っております。 日本国内の医療機器及び体外診断用医薬品の製造販売業・製造業や高度管理医療機器等販売業に関して、その範囲は拡がり、手続き申請の複雑さ、煩雑さは、年々増してきております。 CEやFDAなどの輸出認証を踏まえた、医療機器の認証業務について、国内薬事法務・輸出認証のいずれにも精通したリベルワークスが全面的にバックアップいたします。

医療機器保守サポート事業

リベルワークスは、医療用画像管理システム、病院情報システムの保守を行っています。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークの専任エンジニアがサポートを担当し、高い顧客満足度を得ております。 既存システムのトラブル対応、システム導入コンサルタント、簡単な機器トラブルまで、高度な専門技術を持ったシステムエンジニアとサポートエンジニアが運営を365日サポートします。

アクセス

〒112-0014
東京都文京区関口1丁目47番12号 江戸川橋ビル

TEL 03-5225-6970(代表)
FAX 03-5225-6971
電話受付時間 平日9時~18時



東京メトロ有楽町線、江戸川橋駅
江戸川橋駅1b出口、駅地下より江戸川橋ビル内に出ます。
東京メトロ有楽町線 池袋駅から7分 飯田橋駅から3分