水圧の4つのメリット

リベルワークスの水圧機器が選ばれる理由

水圧は安全 低ランニングコスト

水圧は安全 低圧力で動作

水圧式は、低圧力で制御できます。圧縮反発が発生せず安全性に優れます。油圧式は、作動油が高粘性のため高圧力が必要であり、空気圧式、高圧ガス式シリンダーは、危険な圧縮反発が発生します。


水圧は安い 水道水で動作

水圧式は、どこにでもある水道水と電気で動作します。油圧式の作動油、空気圧式のコンプレッサー装置、高圧ガス式の炭酸ガスより、ランニングコストに優れます。 寒冷地でも、純正不凍液でご利用いただくことができます。

また水圧式は頻繁なメンテナンスが必要ありません。油圧式、機械式製品はこまめな保守が必要です。

水圧は精密動作 加重変化が生じない

水圧式は、操作性に優れ、精密なコントロールが可能です。 空気圧のような、加重によるシリンダー位置の変動は生じません。中間ストローク、偏加重、2台並列使用、どの位置でもピタリと制御できます。

空気圧式、高圧ガス(炭酸ガス)式は、加重でシリンダー位置が変化するため精密な操作は困難です。中間ストローク、偏加重での操作は大変危険です。

※中間ストローク:シリンダーが伸び切らない、途中位置の状態。シリンダーが伸び切った状態はフルストローク。
※偏加重:加重が前後、左右に偏った状態。

水圧は小さく軽い アクチュエータとポンプがコンパクト

水圧シリンダー製品は、ポンプ、アクチュエータの小型化が可能です。アルミ製で軽量のため、移動性と作業性に優れます。

小型タイプは人手による持ち運びが容易であり、大型タイプは台車移動が可能です。車両積載、エレベーター積載も可能です。さらなる軽量化と捻れ強度を両立した、スクエアポールタイプもご用意できます。

一般的に、大型で重い油圧式昇降機、多くの予備ボンベを必要とする高圧ガス(炭酸ガス)式昇降機は、移動と設置が容易ではありません。

水圧はクリーンエネルギー

水を動力にする水圧は、環境と人に安全です。医薬品食品工場、食品工場、クリーンルームなどで使われています。

水は不燃であり、水道水、消防水利で動作するため、消防車両や災害救助車両で使われています。 ガスや粉体の爆発の恐れがあり、電動ポンプが使えない場所では、気圧を水圧に変換する防爆対応型を用意しております。

クリーンエネルギーの水は、油圧式のような環境汚染や火災がありません。 高圧ガス(炭酸ガス)式のようなガス中毒の危険、CO2問題がありません。