DICOM画像表示ビューア

ローカルフォルダのファイルもしくは、PACSからDICOM Q/R通信を行って、画像を取得し、表示するツールです。
以下の読影のための機能を搭載しています。

  • マウス操作(拡/縮、パン、階調変更、ホイールによるスタック切替え)
  • 表示(回転/反転、モノクロ反転、スカウト画像)
  • 計測(距離、面積、角度、CT値、ヒストグラム、プロファイル)
  • 各種処理(周波数処理、フュージョン/サブトラクション、リファレンスライン表示)
  • 出力(DICOM Store、汎用画像フォーマット)

放射線治療用画像ビューア

上のDICOM画像表示ビューアに対して、放射線治療に関する機能を追加したものです。
以下の機能が追加されています。

  • 治療計画装置から治療データ(PLAN/DOSE等)の取込み
  • DOSEデータとCT画像のフュージョン(1門~多門)
  • WEL値(水透過圧)によるビームの影響範囲シュミレーション

先進的なDICOM-RTを取り扱っています。

医療ソフトウェア受託実績

ABOUT

会社概要

MAIL

メールお問い合わせ

TEL

電話でお問い合わせ

03-5225-6970(代表) 平日9時~18時

ACCESS

Googleマップを表示します

このサイトについて

サイトの安全性について

このサイトはジオトラストのSSLで保護されています。