ISO認証を取得したい QMSを構築したい

ISOは、スイスのジュネーブに本拠を置く非政府組織、国際標準化機構(International Organization for Standardization)の略称です。製品やサービス等に関する規格を世界規模で標準化することにより、知識、科学、技術、経営等、さまざまな活動分野における国際間の協力と発展を目指して1947年に設立されました。

現在ISOは155か国以上が加盟しています。ISO認証制度を導入するということは、グローバルな顧客要求に応える力、そして国際環境の変化への対応力を付けることにつながります。 ISO規格におけるマネジメントシステムは基本的に、組織の継続的な改善と顧客満足を目指しています。経営管理の基本的な方法であるPDCAサイクルを回す、「Plan(計画) → Do(実行) → Check(評価) → Act(改善)」のステップを継続して繰り返すことでそれを実現します。

ISO認証までのステップ

1.認証申請
企業の業種および認証範囲の指定可否等を検討。 審査日数と総審査費用に関する書類を提出後に契約締結。 審査チームの通知…契約後、ITC ASIAが構成した審査チームを通知。 審査計画の通知…審査日程は申請企業の要求事項を参考にして決定。
2.予備審査
オプションで1度のみ。認証審査の半分以下の日数で実施し、認証可否の決定は無し。 適合性の可否評価後、是正措置の要求書(CAR)が発行。 措置が終了し次第、本審査。
3.文書審査
品質関連文書および品質記録の審査。
4.現場審査
規格の要求事項に対する適合性を確認。審査全体の中で最も重要な部分。
5.確認審査
上記審査で指摘された事項の是正措置が完了した事の記録、文書または現場訪問。(現場審査に必要な費用は、審査日数および手数料の算定基準に従い認証提案書と別途で再請求致しますので、あらかじめご了承ください)
6.認証書の発行
認証審査および是正措置の確認完了後、認証委員会の決定で認証書が発行。(有効期間3年)
7.異議提起
認証審査の結果に対し異議がある場合、書面で異議の提起が可能。認証委員会を開催し、提起された事項を審議。
8.認証資格の維持
認証書の取得後は「認証表示の使用および広報方法」を遵守。品質マネジメントシステムで重要な変更事項が生じた場合、即時にITC ASIAへ 通知。
9.事後審査
事後管理の周期は、認証審査の際に審査チームがシステム適合性および効率性を考慮し決定。
10.更新審査
認証の更新を目的とし、3年ごとに実施。初回審査と同じ手順で認証申請および契約。
ISO14001に限り、上記「申請」から「現場審査」までのステップが以下のようになります
1. 安全認証申請
申請
契約締結
審査チームの構成および通知
EMS文書審査
1段階の現場審査計画書の発送
現場で文書との一致性を確認
1段階の審査報告書の作成
2. 2段階の審査
契約締結
審査チーム構成
文書審査
2段階の現場審査計画書の発送
現場審査
2段階の審査報告書の作成