建築資材規則

Construction Products Regulation (CPR)
(EU) No 305/2011

Construction Product(建築材料)とは建物と土木工事を含む建築物の恒久的な一部を構成するすべての製品を意味します。 EU地域内で自由に流通・販売するためにはEU規制の適合性宣言が要求されるため、認証機関で製品試験、工場審査などの適合性評価を受けて、CEマークを製品に付着する必要があります。

対象製品

セメント類、断熱材類、床材類、モルタル、タイル類、接着剤類、回転ドア、火災探知機類、ダクト、バルブ&キャップ、パイプ、水漏れ防止装置、タンク、骨材と充填材、構造用ベアリング、ガードレール、道路標識、道路街灯火災警報器、塗布剤など建物や土木工事の目的物を含むすべての製品

適合性評価方法

  • 製造業者や公認機関による製品の初期形式試験
  • 製造業者や公認機関が用意した試験計画に基づいて工場から採取した試料の試験
  • 製造業者や公認機関が工場、市場や建設現場で採取した試料の検査試験(audit-testing)
  • 製造業者や公認機関が納品準備中であるか、納品したロット(batch)から採取した試料の試験
  • 工場生産管理(FPC)
  • 認定機関による工場や工場生産管理の初期検査
  • 認定機関による工場生産管理の継続的な事後検査、審査および評価