RISとは - 放射線科情報システム RISに求められる機能

RISとは放射線科情報システム(Radiology Information System)は、放射線検査オーダーの予約管理、検査機器への連携、検査情報の管理、他部門システムとの連携などを担っている。 RISとHISの通信はHL7を用いることがIHEによって規定されている。また放射線部内の通信、及び検査機器との通信はDICOMを用いることが規定されている。 また、放射線治療分野ではRISとは別に「治療RIS」がある。治療RISは、放射線治療科の診療予約管理、治療計画および進行管理、放射線治療の位置照合や放射線治療のサマリ等の機能が必要である。

*HL7(HealthLevelSeven)は、保健医療情報交換の標準規格、HL7標準(HL7Standard)データ形式で構成される。HL7はDICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine ダイコム)と並んで、医療情報の重要な標準規格であり、医療機器開発、医療機器プログラム開発で用いられる技術である。

*IHE(Integrating the Healthcare Enterprise )は、医療情報システムの相互接続性を推進するための国際的なプロジェクトである。

*DICOM(Digital Imaging and Communications in Medicine ダイコム)は、CTやMRI、CRの医用画像フォーマット、医用画像機器間で用いる通信プロトコルについて定義する、医用画像の共通規格である。 医用画像共通フォーマット、通信フォーマットであるDICOMによって、異なるメーカー間においても医用画像機器の共有化を実現している。

関連するナレッジ